離婚裁判の証拠ならISM調査事務所におまかせ ISM イズム

浮気調査ならISM(イズム)調査事務所へ

ISM調査事務所


【ISM調査事務所】
あなたの親身になって相談に乗り、解決に向けて全力で調査致します!!

◇4つの信頼と実績 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

・全国を網羅する強固なネットワーク

 独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能です。
 遠方にお住まいの方もご安心ください。

・ご相談は24時間、何度でも無料です。

 相談したら調査を強制されるんじゃないか?
 そういった心配をするご依頼者様は大勢いらっしゃいますが
 ISM調査事務所は強引な勧誘はございません。

・現場で経験を積んだ調査員

 対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び、過酷な現場で経験を積み上げてきたものばかり。
 探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキルであったり、法律の知識も当然かね備えております。

・明瞭会計

調査後に追加料金が発生することはありません!
調停や裁判に対するアドバイスや機関の紹介などの
アフターフォローもしっかりしているのでとても魅力的です。










あなたが「泣き寝入り」しようとしているなら、このページを開いてはいないはずです。
パターン1にせよ、2にせよ、まず必要なのは「浮気の証拠」です。
ISMならば裁判資料にもなる「証拠」をバッチリおさえます。

ISMは証拠をつかんだら終わりではありません。 その証拠をもとに「法律相談」や「アドバイス」、
「弁護士の無料紹介」までアフターフォローを行いますので、ご安心ください。

どうしても離婚したくない場合は


浮気調査から、その後の相談まで任せられるのはISMだけです!

公式サイトはこちらをクリック

 ↓ ↓ ↓






まず、依頼しようとしている業者が探偵業の許可を取得しているのかをまず確認しましょう。
法を逸脱した調査をしている探偵社には委託しない方がよいでしょう。
運転する人の目につかないところにGPS端末を忍ばせ、移動の様子を常時監視し、
今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを
呼び出して行動の様子を分析したりします。

車より、徒歩、チャリンコ、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段もち歩くカバンなどに
GPS端末を隠しておくこともできます。


こうすることによって、パートナーの行き先やそこで過ごした時間もわかるでしょう。
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし
400万円くらいのケースもあります。
離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要となります。
第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。

探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、調査する人の数にもよりますが相場としては、
1時間で1万円から3万円が目安です。

言うまでもありませんが、調査員が1人なら安く、増えれば増えるほど高くなります。
そして尾行時に車やバイクを使うと、交通費や車両費として別途請求される場合がありますので
事前に確認したほうが良いでしょう。
浮気調査の依頼をするときには、調査員は何人が良いのかというと最低でも2人以上は必要でしょう。

最初は浮気が確実かどうか調査員が1人で調査をすることがよくあります。
浮気が決定的ならば、次は証拠を集めなければなりません。
もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、
調査期間が3日間しかなかったとしたら調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ
調査は成功ということになるでしょう。
本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、
浮気かどうかの証拠をつかむことなく調査期間を終えてしまい、
成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなる場合もあります。

ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目をとおすようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、
一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と過ごしていた
と推測できる事があるのです。

興信所か探偵事務所のどちらにすればいいのか迷うかもしれませんが、
別段変わりは無いと言ってもいいかもしれません。
両方とも、浮気調査から身辺調査、類似した仕事をしています。

でも違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性(異性にとても好かれる人は、
同性に嫌われてしまう傾向があるようです)と性的に親密になることを浮気といいます。
ということは、法に従えば、肉体関係を持っていなれば、普通のデートをしたとしても、
浮気とはいえないということになります。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼すれば
自分でやるより確実でしょう。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても
離婚をしないという選択肢もあります。

ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと
知ったところで離婚とはそう簡単にすることができないものです。
請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、
女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。
同様に、父親が一人で育てる場合も簡単に仕事と両立することはできないでしょう。






 

サイトマップ

ブースター美容液