探偵の張り込みのしかた | 浮気調査の探偵探しなら【浮気調査 探偵検索MAP】

alt_02

探偵の張り込みのしかた

    探偵の調査は尾行から始まると考えている人が多いようですが、実はすべての調査の始まりは張り込みなのです。 ターゲットの自宅からつけるにせよ勤務先から尾行するにせよ、まずはターゲットの姿をとらえるために張り込みをする必要があります。 自宅からいつ出てくるか分からない、会社からいつ出てくるか分からないわけですからじっと待つしかありません。 会社勤めの場合はそれほど難易度は高くありません。 見張る時間はその会社の終業時間より少し前からで良いからです。 もっとも困難なのはいつ自宅から出てくるか分からないターゲットを見張る場合です。 もしかしたら丸一日家から出てこないかもしれないのです。 その場合は気を遣わなければならないのはターゲットよりもむしろ周囲の目です。 閑静な住宅地でウロウロしていたら近所の人に「不審者」として必ず通報されてしまいます。 そうなったらその探偵はその付近に二度と行くことはできませんので他の者と交代になってしまいますね。 しかもその見張るポジションももはや使えません。 長時間張り込まなければならない場合などは路上で見張るのはまず無理です。 必然的に車を使うことになります。 車を使ことで体力的にもずいぶん楽になります。 しかし長時間駐車して運転席に座っていたら怪しく見えるのは間違いないですし、さぼっている営業マンを装っても限界があります。  一番無難なのはスモークを張ったワンボックスを適当な場所に停めて、後部座席から見張ることです。 もし周りに5階以上のマンションなどがあれば、そこの3階以上の外階段から見張るのです。 3階以上の階段などマンションの住人のほとんどは使いませんし、そんなところを見上げるターゲットはまずいないからです。 張り込みの失敗というのはいくつかパターンがありますが、尾行開始直後にターゲットを見失うというのは意外に多いものです。 これは張り込み位置が遠すぎて出てきたターゲットに追いつけないか、もしくは近すぎてターゲットに顔を見られてしまい尾行するタイミングを逸してしまったのかのどちらかです。 どちらにしても探偵失格の行為です。 ターゲットが出て行ったのを見逃すというのも恥ずかしいミスです。 ターゲットが建物内にもういないにも関わらず、いるものと思って延々と見張り続けるのですから間抜けもいいところです。 張り込みに失敗すれば尾行もできず調査にもならないのですから、張り込みを軽視するような探偵には依頼しないほうが無難ですね。

    オススメ記事

    MR総合探偵社

    MR総合探偵社は、広告を一切出していないのに、口コミで人気の浮気調査専門の探偵事務所です。代表が女性なので、親身になって女性の目線で調査をしてくれます。事実を抑えて、その結果関係修復あるいは離婚する事になろうと、それについてのアフターフォローもきちんと行ってくれる信頼出来る探偵事務所です。

    原一探偵事務所

    原一探偵事務所は、度々雑誌やメディアにもピックアップされている、全国に独自の直営ネットワークを持つ浮気調査を得意とする探偵事務所です。男性は出張先や単身赴任先などの遠距離先で浮気をしたりもしますが、そんな姑息でズルい男の浮気も、独自のルートを網羅してばっちり証拠を押さえてくれますから安心して下さい。

    TOP