盗聴されているかも、と思ったら | 浮気調査の探偵探しなら【浮気調査 探偵検索MAP】

alt_02

盗聴されているかも、と思ったら

    テレビの「追跡バスターズ」とかで盗聴器発見のドキュメンタリーをやっていますが、 そこで発見されるのはだいたいが無線式盗聴器です。 だから市販されている盗聴発見器のほとんどは無線式の盗聴器を見つけるためのものです。 <盗聴発見器の種類> ・電界強度計タイプ これは電波が出ているかどうかを調べるもので、素人にも簡単に使える機種です。 あまり感度を上げてしまうとテレビやパソコンの出している電気的ノイズも拾ってしまうので、感度を下げて壁伝いに動かして調べるのが良いでしょう。 ・広帯域受信機タイプ こちらはプロ仕様の高性能な機材です。 いろいろなことができるので操作は複雑になります。 あらゆる周波数の電話を受信することができ、ラジオ放送はもちろんのこと航空無線、消防無線、コードレスホンや携帯電話まで聞けるそうですね。 ただし周波数をきちんと合わせないと受信できません。 盗聴器の周波数はある程度決まっているが、プロは念のためあらゆる周波数を試してみるそうです。 上記のような盗聴器発見器は売ってはいますが、そんなものを買ってまで盗聴器を見つけてやろうと意気込んでいる一般人はそうそういません。 普通はその手の業者に頼むか、探偵に依頼します。 盗聴されている確信がある場合はプロに頼むのが一番ですが、 「もしかしたら盗聴されているかも、、、」と不安に思っているぐらいなら盗聴器発見器のレンタルを利用するのがコスト的には少なくて済みます。  盗聴器発見器レンタルのサイトはこちら → DMMレンタル 盗聴器関連市場の動向としては盗聴器の500倍もの台数の発見器が売られているとのこと。 これの意味するところは実際に盗聴被害にあっている人数はさほど多くないということです。 盗聴器を仕掛けたのが発覚すれば犯罪ですから、仕掛けるほうも相当の覚悟が必要で、盗聴器を買っても使わない人がほとんどです。 プロの探偵に依頼しても盗聴器の発見率は1%も無いそうです。 つまり多くの人たちが疑心暗鬼になっているのが実情なのです。 取り付ける側の立場になって考えてみてください。 まったくの赤の他人の住居に侵入して、さらにその住人に気づかれないような場所に盗聴器を仕掛けるなんてまずムリです。 仕掛けられるのは家族や恋人などのものすごく親しい人だけです。 あなたが芸能人や有名人なら盗聴マニアのターゲットになることはありえるかもしれませんが、一般人がそのような犯罪者の標的になることはまずありません。 盗聴犯の可能性があるのは身近な人です。 あなたの部屋に出入りできる人間が盗聴器を取り付けるような種類の人かどうかを まず考えてください。 どうしても不安ならばまずは発見器のレンタルをおすすめします。

    オススメ記事

    MR総合探偵社

    MR総合探偵社は、広告を一切出していないのに、口コミで人気の浮気調査専門の探偵事務所です。代表が女性なので、親身になって女性の目線で調査をしてくれます。事実を抑えて、その結果関係修復あるいは離婚する事になろうと、それについてのアフターフォローもきちんと行ってくれる信頼出来る探偵事務所です。

    原一探偵事務所

    原一探偵事務所は、度々雑誌やメディアにもピックアップされている、全国に独自の直営ネットワークを持つ浮気調査を得意とする探偵事務所です。男性は出張先や単身赴任先などの遠距離先で浮気をしたりもしますが、そんな姑息でズルい男の浮気も、独自のルートを網羅してばっちり証拠を押さえてくれますから安心して下さい。

    TOP