浮気の調査で使用するGPSについて | 浮気調査の探偵探しなら【浮気調査 探偵検索MAP】

alt_02

浮気の調査で使用するGPSについて

    パートナーの浮気が気になる人の中には、探偵に浮気調査を依頼する人も少なくありません。しかし探偵事務所の数が多いので、その選択に迷う人もいるかもしれません。この場合、事務所で使用しているGPSで選ぶのも一つの方法だと言えます。

    GPSには2つの種類があります

    浮気調査を行っている探偵事務所の中には、GPSを使って調査をしているところが多いです。GPSには2種類のタイプがあり、リアルタイム方式とロガー方式が有名です。リアルタイム方式は、スマートフォンや携帯電話に情報を送るためにサーバー経由する方式です。この場合、機器自体はレンタルもできます。またロガー方式は端末に記録する方式ですので、サーバー経由することはありません。そのため端末を車から取り外し、パソコンなどを使用してデーター確認することになります。このようにリアルタイム方式とロガー方式の違いは、その場で対象者の居場所がリアルタイムに分かるかどうかです。

    事務所によって使用する方式が異なります

    探偵事務所で使用しているGPSには、リアルタイム方式がロガー方式があり、それぞれの事務所によって方式は異なります。ロガー方式はリアルタイムで相手を認識できませんが、価格が安いこともあり、浮気調査などで使用されることが多いです。多くのデータを記録できますので、重要な証拠を掴むことかできるかもしれません。しかし設定が難しいので、機械が苦手な方には向いていません。そして前述のように、記録を見る度に取り外す必要がありますので、それだけ時間と手間がかかります。それぞれいい面、悪い面がありますので、自分の場合はどちらが適しているのか判断し、それに見合った事務所を選択するのも一つの手だと言えます。

    デメリットもありますので注意してください

    スマートフォンなどの普及に伴い、今やGPS機能は当たり前になっています。機器があれば相手の居場所をすぐに特定できる特徴があることから、多くの探偵事務所で使用されています。とても便利な機能ですが、デメリットもありますので注意してください。デメリットとしては、GPS本体の位置しか分からないことです。また、相手の浮気を疑う確実な証拠にならないことも挙げられます。たとえ対象者が滞在しているホテルが分かっても、誰と一緒にいるのか特定は困難と言えます。そのようなこともあり、浮気の証拠として使えないことも少なくありません。そのため、後は探偵のテクニックに頼ることになります。

    まとめ

    探偵事務所で行う浮気調査では、GPS機能が大きな役割を担っています。GPSはとても便利な機能ですが、浮気の証拠にならないというデメリットもあります。そのため使用する時は、探偵のテクニックをも求められます。

    オススメ記事

    MR総合探偵社

    MR総合探偵社は、広告を一切出していないのに、口コミで人気の浮気調査専門の探偵事務所です。代表が女性なので、親身になって女性の目線で調査をしてくれます。事実を抑えて、その結果関係修復あるいは離婚する事になろうと、それについてのアフターフォローもきちんと行ってくれる信頼出来る探偵事務所です。

    原一探偵事務所

    原一探偵事務所は、度々雑誌やメディアにもピックアップされている、全国に独自の直営ネットワークを持つ浮気調査を得意とする探偵事務所です。男性は出張先や単身赴任先などの遠距離先で浮気をしたりもしますが、そんな姑息でズルい男の浮気も、独自のルートを網羅してばっちり証拠を押さえてくれますから安心して下さい。

    TOP